音楽をやっている人はお金がない人が多い。どうやって糊口を凌ぐのか?定職に就く?それともオンラインカジノで一発逆転?

バンドマンとお金

音楽をやっている人はお金がない人が多い。どうやって糊口を凌ぐのか?定職に就く?それともオンラインカジノで一発逆転?

Posted OnOctober 26, 2021 0

バンドマンといえば、お金がない職業の代名詞

音楽をやっている人、とりわけバンドマンはお金がない人が多いです。

なけなしのお金で音楽に必要な部品を買い、ライブハウスを予約……といった生活をしている人も少なくありません。

この記事では、なぜバンドマンにはお金がない人が多いのか、そして、どのように生活費を稼いでいるのかについて解説します。

なぜお金がない?

なぜバンドマンにはお金がない人が多いのでしょうか?

理由はたくさんあるのですが、下記ではその代表的なものをご紹介します。

儲からない

音楽活動というのは基本的に儲かりません。

なぜなら、まず音楽というのは生活必需品ではないからです。

「音楽がないと生きていけない!」という人は確かにいますが、音楽がなくて死ぬ人はまずいません。

そして、音楽をやっている人は非常に多く、常に供給過多な状態です。

ライブハウスの数や時間は決まっているのにもかかわらず、タケノコのように常に新しいバンドが生まれている……そういった状況であるため、どうしてもバンドマンの立場は市場原理上非常に弱くなってしまいます。

金持ちのバンドマンもいますが、本人の実力だけではなく、多くは運も絡んでいます。

そしてこれは、宝くじが当たる可能性より低いです。

ライブをするたびに金がかかる

ライブハウスで演奏するには、ライブハウスに対して使用料を払う必要があります。

そして、その金額もそれなりに高くなっています。

加えて、バンドマンの多くはファンがほとんどいないため、自分のチケットを自分たちの手で売る必要があります。

ライブハウスによっては、バンドマンに売るチケットのノルマを課しているところもあり、まずはチケットを自分たちで回取る必要があります。

もしチケットを自分たちで売れなければ、その分は丸損というわけです。

定職についていない人が多い

新しい曲作りやその練習、バンド仲間との付き合いなど、やることはたくさんあります。

そのため、フルタイムで仕事をしながらバンド活動にコミットするのは中々大変なため、多くのバンドマンは定職に就かず、バイトで食いつないでいます。

刹那的?

音楽をやっている人はアーティストに含まれますが、アーティストには刹那的な人もいます。

そのため、何かでいきなり大きなお金が一度に入ってしまうと、計画性なくすぐに浪費してしまう人も少なくありません。

したがって、大きくお金が入っても出ていく分も大きいことから、結局お金がない……というケースもよくあります。

上木彩矢氏のように売れると金が入るが……

メジャーデビューも果たした上木彩矢氏のような方だと、大きなライブに呼ばれたり、一定数のファンがいたりすることから、収入面では非常に有利になります。

しかし、メジャーデビューできるのはほんの一握りの人たちで、さらに一度メジャーデビューしたとしても、ずっとメジャーレーベルにいるわけではなく、契約期間が過ぎると終わり、というケースも珍しくありません。

色んな事情はあるのでしょうが、現に上木彩矢氏も現在はメジャーレーベルに在籍していません。

そのため、一度売れても安心できるわけではありません。

時間も金もないバンドマンはどのように金を稼ぐべきか?

さて、このように常に茨の道を歩んでいるのが音楽をする者の定めといえます。

下記では、時間も金もないバンドマンがどのように金を稼ぐのか、その方法をいくつかご紹介します。

専業バンドマンをやめて定職に就く

本末転倒なのですが、お金を稼ぐにはこれが一番です。

完全にバンドマンをやめる必要はなく、平日は普通に働いて、夜や休日に仲間と一緒に趣味として音楽活動をするのも一つの道です (そして、多くの人はそうしています)。

この選択をすると、かつてのバンド仲間から「お前は音楽を辞めた」と言われるかもしれませんが、無視しましょう。

まずは生活ができてから音楽をするのは、極めて合理的な考え方です。

めちゃくちゃ頑張ってバンドしながらフルタイムで働く

バンドに本腰をいれて、いつかは武道館に立ちたい。

その夢が諦めきれないなら、死ぬ気でがんばって、フルタイムで仕事をしながらライブもこなしていくのもありです。

当然ながら、それ以外のことはすべて犠牲にする覚悟がいりますし、体力的にも精神的にも非常にすり減らします。

しかし、金の問題はこれで解決できるので、今までお金がないことで諦めていたことをもう諦める必要はなくなります。

新しいエフェクターや弦などを心置きなく買えますし、安定した収入があるということは精神的な余裕にもつながります。

一攫千金を狙う

夢を諦められない。

でも、普通に働くやる気も勇気も体力もない。

中々わがままな悩みではありますが、実の所、そうした人の方が多いのが現実です。

そのような人々の場合、自らの運にかけて一攫千金を狙うのも悪くないかもしれません。

一攫千金を得たら、その強運を生かしてメジャーデビューも狙えるかもしれませんね。

音楽以外で一攫千金を狙うならギャンブルか?

ギャンブルは当然リスクが高いのですが、それでも音楽活動で一発当てるよりは一攫千金を得られる確率は高いです。

そして、パチンコや麻雀など、ギャンブルにも色々種類はありますが、バンドマンにおすすめなのはオンラインカジノです。

下記では、バンドマンにオンラインカジノがおすすめな理由を説明します。

スマホだけで始められる

バンドマンはお金がありません。

なので、初期投資が少ないギャンブルが向いています。

オンラインカジノなら、基本的にスマホかパソコンがあればそれだけで開始できるので、事実上初期投資なしで開始できて手軽です。

オンラインカジノにはボーナスがある

パチンコやスロットでは、当然ながら最初からお金を用意する必要があります。

しかし、オンラインカジノを提供しているウェブサイトでは、多くが初回登録時や初回プレイ時に無料でプレイできたり、デポジットが不要であったりするオンラインカジノボーナスを用意しています。

そのため、上記の通り初期費用がないどころか、数十ドル分得しながらプレイを開始できるので、お金がない人にとっては非常に魅力的と言えるでしょう。

勝てる確率が他のギャンブルより高い

還元率が95%前後と、他のギャンブルより非常に勝ちやすい仕様になっています。

還元率というのは、胴元が手数料として取る金額を引いた残りの割合のことで、パチンコなどではこの還元率が70~60%と、非常に低く設定されています。

ただでさえ少ないお金をかけるバンドマンですがら、この数値が高い、つまり勝ちやすいということは非常に重要となるわけです。

上木彩矢氏のように売れても、その後税金が……ギャンブルなら一定額まで控除があるので安心

売れた人がたくさんお金を使ってしまい、翌年の税金が払えないというのはよくある話です。

上木彩矢氏程度まで売れると、計画的に納税額を計算していないと中々大変です。

しかし、もしお金がなくなったとしても、ギャンブルで稼いだ額は(色んな計算はあるので厳密にはいえませんが)、だいたい50万ぐらいまでの利益までなら課税されません。

これで足りない分の税金をすぐに調達できますね。

まとめ

上木彩矢氏のように売れて日の目を見るバンドマンはそれほど多くありません。

そして、夢を見続けてバンド活動を行うのも中々難しいのが事実です。

この記事では、なぜバンドマンは金がないのか、そしてその対策についていくつかご紹介しました。

参考になれば幸いです。